アウトソーシングしよう【金型を専門メーカーに外注する】

コンテンツ一覧

精密な加工ができる技術

機械

独自の機械を用いた加工

ホーニングは工業製品の加工の技術の一種で、独自の機械を使用して加工を行うところに大きな特徴があります。ホーニングに使用される機械は筒状の形状を持っているものです。筒の外側に複数の砥石がつけられているのが特徴で、この砥石を使用することで工業製品の加工を行います。加工する製品の中に筒状の機械を入れて使用するのもホーニングの特徴で、そのために穴状の構造を持っている機械の内部を加工するために使用されています。機械の外部に取り付けられている砥石は、加工する機械の内部に圧力を加えることによって加工を進めます。加工をよりスムーズに行うために、砥石は回転できるようになっています。回転しながら加工する機械の内部を研磨することでより精度の高い加工が可能になっています。ホーニングの特徴としては曲線を加工することに適していることもあげられます。曲線状の部分でも全体的に均一性の優れた加工を行うことができます。ホーニングで加工を行った製品の特徴としては表面に細かい筋ができることもあげられます。この細かい筋が作られることによって、機械がよりスムーズに動くことができます。そのために機械の内部で定期的に振動が繰り返されるような製品の内部に好んで使用されています。ホーニングは砥石を使用して加工を行うものが一般的ですが、それ以外にも最近ではより多様な技術が開発されています。加工する機械に合わせて研磨ができるようになっています。