アウトソーシングしよう【金型を専門メーカーに外注する】

コンテンツ一覧

製造業の成否を分ける工具

金属

製造業を成功させる工具

製造業を成功させるのに必要な工具というものがある。それは何かというと金型である。金型とは主に金属製の型のことである。まれにプラスチック製のこともある。これは、型を設計して保有しておくことによって、大量かつ正確に部品などを作成するための重要な工具である。金型には精密な技術が要求されるし、金型の内容が直接企業の製法に関わることが多いことから、多くの場合は企業秘密となる。販売先が費用を負担してでも金型を確保し、機密契約を結ぶということがあるぐらいである。これほどまでに重要な工具であるが、よい金型を確保するにはどのような点が重要であろうか。一つは金型を製作する側の力量である。コンサルティング能力にたけている製作者であれば、顧客の要求を的確につかみ作成することができる。すでに何件も試作品の開発を行っていることがある会社であればなおよい。速やかに試作品を作ることができ、より素早くビジネスチャンスを逃さずに市場に提供できるからである。次にそれらを次第に量産化させていくにあたって、安価で耐久性の高い金型を作るだけの技術力があるかが重要である。多くの場合はプレス加工などに使われるため、耐久性が非常に重要だ。カメラなどと同じようにショット数がいくつまでで廃棄といった基準も定められることが多いため、より長く使えて安価なものがよい。こういった点でも実際に作成しているメーカーでなければ事情を把握しきれず、ユーザーに対し親身になって要望に応える制作会社が望まれる。